日誌

2018年度春季リーグ戦 >> 記事詳細

2018/04/15

対 大東文化大学

Tweet ThisSend to Facebook | by マネージャー
試合:2018年4月15日(日)
第3週 2日目 首都大学野球春季リーグ戦熊谷運動公園野球場
 123456789R
大東大学
城西大学x

   


投手唐沢 裕貴2年西武台
 佐々木 卓也4年市立川口 
 平野 サビィ1年聖光学院 
 
真田 洸佑2年安房
小水内 浩太1年聖光学院
元西 世資也4年水戸啓明
一 柳沼 楽人1年聖光学院
野瀬 祥一郎3年東亜学園

原 光貴1年明秀学園日立
大橋 拓水4年成立学園
岡島 颯2年北照
狩野 拓人4年大宮東 
河野 聖也2年大宮東 



大東文化大との一戦。
先制したのは城西大。
先頭の
狩野が倒れるも9番河野が適時打で出塁、続く2番真田の適時二塁打で一死二三塁とチャンスを作る。3番小水内が空振り三振で場面変わらず。3番元西が打席に立ちタイムリーツーベースを放ち2点を先制する。その後、相手の暴投もあり二死三塁とすると4番柳沼のタイムリーツーベースで1点を追加。この回長打3本を放ち、3-0とする。
4回に相手投手が交代。先頭の大橋拓が死球で出塁し犠打でランナーを進めると9番河野が2打席連続の適時打を打ち1点を追加。4-0で相手を突き放す。今季2度目の登板となる唐沢は4回大東大の攻撃で先頭打者を四球で出塁させ、続くバッターに適時二塁打を打たれるも三塁でランダウンプレーとなり一死三塁。その後四球でランナーを出すも凡打でスリーアウト。相手に得点を許すことなく5回無失点で抑える。6回からは佐々木がリリーフに上がるも、連打を浴び1点を返され4-1となる。
7回からリリーフした平野は適時打を打たれるも、安定したピッチングを見せ、最終回には三者連続三振で締め、勝利を飾った。









16:07
PAGE TOP