日誌

2018年度春季リーグ戦 >> 記事詳細

2018/05/06

対 獨協大

Tweet ThisSend to Facebook | by マネージャー
※延長10回



先発投手唐沢 裕貴2年 西武台
  
真田 洸佑2年安房

野瀬 祥一郎3年東亜学園

小水内 浩太1年聖光学院
河野 聖也2年大宮東
右中秋山 裕磨4年成田
高野 優3年松江商業
柳沼 楽人1年 聖光学院
元西 世資也4年水戸啓明
原 光貴1年明秀学園日立
岡島 颯2年北照
野田 修平2年愛知黎明

狩野 拓人4年大宮東

福澤 匡晃4年世田谷学園 


今季2戦目となる獨協大戦。
先発の唐沢は2回をそれぞれ3人で抑える上々の立ち上がりを見せる。
3回表、先頭打者に適時打を打たれ出塁を許すも、捕手の岡島が強肩をみせ盗塁を阻止する。その後も、粘りをみせ獨協大打線を抑える。4回裏先に先制したのは城西大。一死から3番秋山裕が四球、4番高野も死球で出塁し一死一、二塁とする。5番柳沼が適時二塁打、6番が適時打を放つ勝負強いバッティングを見せ幸先よく2点を先制。その後相手のミスを誘う、隙を突いた攻撃を見せ3点を追加し、5-0とする。ここで獨協大投手が交代。流れが途切れ、更なる追加点を入れる事ができず4回が終了する。6回表、獨協大の攻撃で二死二塁から適時二塁打を放たれ、1点を返される。7回には失策で失点。5-2となり8回表金城がリリーフとしてマウンドに上がる。しかし、2つの四球と適時二塁打で2点を追加、9回表にも1点を許し同点とされる。なおも点を入れることができず10回表、二死三塁でバントでの内野安打で許しついに勝ち越しを許してしまう。10回裏、ランナーを三塁まで進めるも、あと一本が出ず試合終了。今季3度目の逆転負けとなり、残りの試合への課題となった。

 




16:10
PAGE TOP