日誌

2018年度春季リーグ戦 >> 記事詳細

2018/04/14

対 成城大学

Tweet ThisSend to Facebook | by マネージャー

試合:2018年4月14日(土)
第3週1日目 首都大学野球春季リーグ戦足利市営球場
 123456789R
成城大学
城西大学×

 



 投手荒川 祐貴4年黒羽 

金城 知之
3年
高知中央
 平野 サビィ1年聖光学院

佐々木 卓也4年市立川口 
 
遊二河野 聖也2年大宮東
小水内 浩太1年聖光学院
田中 健太1年藤沢翔陵
柳沼 楽人1年聖光学院

神子 賢吾2年 雪谷
野瀬 祥一郎3年東亜学園
三二三元西 世資也4年水戸商業
岡島 颯2年北照
真壁 涼1年日本航空

高野 優3年高松商業 

走中小倉 由靖1年宇都宮南 

南 壮流4年江戸川

小森 佑介1年 岡山学芸館

原 光貴1年江戸川

田中 慧樹3年相洋 



成城大との第二戦。
先制を決めたのは城西大。
3回裏、先頭の真壁が死球で出塁すると、続く9番南の左安打で無死一、二塁。しかし、二塁ランナーの真壁が飛び出しランダウンプレイとなり牽制死、その間に一塁ランナーの南は二塁へ。続く河野は凡退したが、2番小水内のタイムリーで1点を先制。その後も四球が続き、二死満塁のチャンスが訪れると、ここでバッターは5番野瀬
追加点となる適時打を打ち2点を追加。3−0となり相手との得点を突き放す。さらに、6回裏、二死二塁の場面で打席に立つのは代打高野。相手の失策を誘い1点を追加する。
城西大先発投手は二勝目を狙う荒川。初回先頭バッターに安打を許すも、捕手岡島の攻守が光り初回を無失点に抑える。続く2回からは、成城打線を寄せ付けず、6回まで連続三者凡退で抑え6回 被安打2、4奪三振、無失点と圧巻のピッチングを見せる。その後は、7回金城8回平野、9回佐々木と城西投手陣の系統で0点に抑え、試合終了。荒川を勝利投手へと導いた。







13:00
PAGE TOP