日誌

2018年度春季リーグ戦 >> 記事詳細

2018/04/22

対 東京経済大学

Tweet ThisSend to Facebook | by マネージャー
唐沢試合:2018年4月22日(日)
第4週 2日目 首都大学野球春季リーグ戦飯能市民球場
 123456789R
城西大学
東経大学1x

   


投手唐沢 裕貴 2年 西武台 

荒川 祐貴4年黒羽
 金城 知之3年高知中央 
 
原 光貴1年明秀学園日立
河野 聖也2年大宮東
秋山 裕磨4年成田
一 柳沼 楽人1年聖光学院
高野 優3年高松商業
元西 世資也4年水戸啓明

森田 完理3年希望ヶ丘

吉倉 健吾4年花咲徳栄
真田 洸佑2年安房 
捕 岡島 颯 2年 北照 
菊地 拓巳1年明秀学園日立 

打 真壁 涼 1年 日本航空 

二 狩野 拓人 4年 大宮東 

勝つと1位に並ぶ一戦。相手は東経大。
2回表に二死から7番真田が適時打で出塁し、死球、四球で満塁とチャンスを作るも三振、先制を逃す。
その後、チャンスを作るも、点を取ることができず6回までスコアボードに0を並べる。守備の場面では、唐沢が7回まで安定したピッチングを見せ、相手を寄せ付けない。試合が動いた7回表、城西大の攻撃。二死で1番が適時二塁打を放ち、続く2番河野がヘッドスライディングをし内野安打を奪取。続く打席、今季注目選手のが適時打を打ち、1点を先制する。
しかし、8回裏相手の攻撃。先頭が内野安打で出塁し、犠打、適時打で一三塁。続く打席でも適時打を打たれ同点、唐沢は降板しリリーフに荒川がマウンドへ上がる。しかし、狙われたボールを打たれ交代。一死満塁とピンチの場面で金城がリリーフとして登板する。一ゴロでホームに投げるも未だ満塁。続く打席、金城が気迫のある投球を見せ投ゴロ、ピンチを切り抜ける。9回表勝ち越しを狙う、先頭1番は適時二塁打を放ちチャンスを作ったものの、牽制死。そのまま倒れ、スリーアウト。両者1点も譲れない展開の9回裏、相手の先頭に適時二塁打を打たれるも続く打者のピッチャー前バントを金城が好フィールディングで三塁封殺に仕留める。なおもランナーは一塁のまま。適時打、敵失と続き二死満塁とされ、その後、相手の勢いに飲まれてしまい四球、押し出しでサヨナラとなり、惜敗を期した。








15:00
PAGE TOP