日誌

2018年度春季リーグ戦
2018/05/17

対 明治学院大

Tweet ThisSend to Facebook | by マネージャー
試合:2018年5月13日(日)
第6週2日目 首都大学野球春季リーグ戦浦安市運動公園野球場
 123456789R
明治学院大学
城西大学×
※8回雨天コールド

 


先発投手荒川 祐貴4年黒羽
  
真田 洸佑2年安房
河野 聖也2年大宮東
秋山 裕磨4年成田
柳沼 楽人1年聖光学院
高野 優3年松江商業  
加藤 将和3年江戸川
福澤 匡晃4年世田谷学園
野田 修平2年愛知黎明
岡島 颯2年北照
田中 慧樹3年相洋
今季最終戦となる明学戦は、初回に先頭の真田が失策で二塁まで出塁し、犠打で三塁に進塁、3番秋山裕のタイムリーで早くも1点を先制する。続く2回裏にも1点を追加し、序盤から幸先の良いスタートをきる。尚も、城西大の猛攻は止まらず、6回に1点を追加、7回にも先頭の野田が失策で出塁し続く打席、8番岡島が内野安打を打ち一二塁とする。しかし犠打失敗で一死一二塁。死球で満塁にすると、2番河野がタイムリーツーベースを放ち2点を追加。3番秋山裕が四球を貰い再び満塁にすると4番柳沼が今季2号目となるグランドスラムを放ち9-0と点差をつける。先発した荒川は安定したピッチングをみせ8回3安打と見事なピッチングを見せる。ここで雨が降り始めてしまい、8回雨天コールドで試合終了。6勝4敗という成績で今季を終え、秋季リーグ戦二部優勝、一部昇格に向け再出発する。









17:14
2018/05/12

対 明星大

Tweet ThisSend to Facebook | by マネージャー
試合:2018年5月12日(土)
第6週1日目 首都大学野球春季リーグ戦熊谷運動公園野球場
 123456789R
城西大学
明星大学


先発投手唐沢 裕貴2年 西武台
  
真田 洸佑2年安房
河野 聖也2年大宮東
秋山 裕磨4年成田
柳沼 楽人1年聖光学院
高野 優3年松江商業

打指田中 健太 1年藤沢翔陵 
福澤 匡晃4年 世田谷学園
吉倉 健五4年花咲徳栄
岡島 颯2年北照
田中 慧樹3年相洋


降格後、初対決となる明星大との一戦。
3戦連続で先発を任されたは、4回まで適時打を打たれるも後一本を許さずピンチを乗り切る。打線では、徐々に流れを作り4回表2つの四球で出塁し一死一、二塁とし5番福澤のタイムリーと、続く攻撃でも足を活かし重盗を決め3点を先制する。しかし、5回表先頭バッターに適時二塁打を打たれ、続く打者をを三振で抑えるも、適時打を浴び1点を返される。攻撃の場面では、5回表から相手投手が変わり打線に苦しむ。最終回まで1人も出塁できず追加点を入れることができなかったが、唐沢が粘りのあるピッチングを見せ相手を1点に抑え、今季初完投、3勝目をマークした。






15:03
2018/05/06

対 獨協大

Tweet ThisSend to Facebook | by マネージャー
※延長10回



先発投手唐沢 裕貴2年 西武台
  
真田 洸佑2年安房

野瀬 祥一郎3年東亜学園

小水内 浩太1年聖光学院
河野 聖也2年大宮東
右中秋山 裕磨4年成田
高野 優3年松江商業
柳沼 楽人1年 聖光学院
元西 世資也4年水戸啓明
原 光貴1年明秀学園日立
岡島 颯2年北照
野田 修平2年愛知黎明

狩野 拓人4年大宮東

福澤 匡晃4年世田谷学園 


今季2戦目となる獨協大戦。
先発の唐沢は2回をそれぞれ3人で抑える上々の立ち上がりを見せる。
3回表、先頭打者に適時打を打たれ出塁を許すも、捕手の岡島が強肩をみせ盗塁を阻止する。その後も、粘りをみせ獨協大打線を抑える。4回裏先に先制したのは城西大。一死から3番秋山裕が四球、4番高野も死球で出塁し一死一、二塁とする。5番柳沼が適時二塁打、6番が適時打を放つ勝負強いバッティングを見せ幸先よく2点を先制。その後相手のミスを誘う、隙を突いた攻撃を見せ3点を追加し、5-0とする。ここで獨協大投手が交代。流れが途切れ、更なる追加点を入れる事ができず4回が終了する。6回表、獨協大の攻撃で二死二塁から適時二塁打を放たれ、1点を返される。7回には失策で失点。5-2となり8回表金城がリリーフとしてマウンドに上がる。しかし、2つの四球と適時二塁打で2点を追加、9回表にも1点を許し同点とされる。なおも点を入れることができず10回表、二死三塁でバントでの内野安打で許しついに勝ち越しを許してしまう。10回裏、ランナーを三塁まで進めるも、あと一本が出ず試合終了。今季3度目の逆転負けとなり、残りの試合への課題となった。

 




16:10
2018/04/22

対 東京経済大学

Tweet ThisSend to Facebook | by マネージャー
唐沢試合:2018年4月22日(日)
第4週 2日目 首都大学野球春季リーグ戦飯能市民球場
 123456789R
城西大学
東経大学1x

   


投手唐沢 裕貴 2年 西武台 

荒川 祐貴4年黒羽
 金城 知之3年高知中央 
 
原 光貴1年明秀学園日立
河野 聖也2年大宮東
秋山 裕磨4年成田
一 柳沼 楽人1年聖光学院
高野 優3年高松商業
元西 世資也4年水戸啓明

森田 完理3年希望ヶ丘

吉倉 健吾4年花咲徳栄
真田 洸佑2年安房 
捕 岡島 颯 2年 北照 
菊地 拓巳1年明秀学園日立 

打 真壁 涼 1年 日本航空 

二 狩野 拓人 4年 大宮東 

勝つと1位に並ぶ一戦。相手は東経大。
2回表に二死から7番真田が適時打で出塁し、死球、四球で満塁とチャンスを作るも三振、先制を逃す。
その後、チャンスを作るも、点を取ることができず6回までスコアボードに0を並べる。守備の場面では、唐沢が7回まで安定したピッチングを見せ、相手を寄せ付けない。試合が動いた7回表、城西大の攻撃。二死で1番が適時二塁打を放ち、続く2番河野がヘッドスライディングをし内野安打を奪取。続く打席、今季注目選手のが適時打を打ち、1点を先制する。
しかし、8回裏相手の攻撃。先頭が内野安打で出塁し、犠打、適時打で一三塁。続く打席でも適時打を打たれ同点、唐沢は降板しリリーフに荒川がマウンドへ上がる。しかし、狙われたボールを打たれ交代。一死満塁とピンチの場面で金城がリリーフとして登板する。一ゴロでホームに投げるも未だ満塁。続く打席、金城が気迫のある投球を見せ投ゴロ、ピンチを切り抜ける。9回表勝ち越しを狙う、先頭1番は適時二塁打を放ちチャンスを作ったものの、牽制死。そのまま倒れ、スリーアウト。両者1点も譲れない展開の9回裏、相手の先頭に適時二塁打を打たれるも続く打者のピッチャー前バントを金城が好フィールディングで三塁封殺に仕留める。なおもランナーは一塁のまま。適時打、敵失と続き二死満塁とされ、その後、相手の勢いに飲まれてしまい四球、押し出しでサヨナラとなり、惜敗を期した。








15:00
2018/04/21

対 玉川大学

Tweet ThisSend to Facebook | by マネージャー
試合:2018年4月21日(土)
第4週 1日目 首都大学野球春季リーグ戦飯能市民球場
 123456789R
玉川大学
城西大学

   


投手荒川 祐貴4年黒羽
 平野 サビィ1年聖光学院 
 北川 裕登2年島田商業 
 佐々木 卓也4年市立川口 
 
河野 聖也2年大宮東
小水内 浩太1年聖光学院

打中真壁 涼 1年 日本航空 
高野 優3年高松商業
一 柳沼 楽人1年聖光学院
真田 洸佑2年安房

打中右秋山 裕磨4年成田
右左原 光貴1年明秀学園日立
元西 世資也4年水戸啓明
岡島 颯2年北照 

堤 俊輔 1年 日本文理 

捕 大橋 拓水 4年 成立学園 
狩野 拓人4年大宮東 

打 野瀬 祥一郎 3年 東亜学園 

二 菊地 拓巳   

玉川大との一戦。
先発は荒川。初回、相手に内野安打を打たれ、続くバッターに適時二塁打を浴び先制を許す。一方、打線では毎回走者を出すも後一本がでず相手のペースに。守備では5回まで荒川が粘りをみせ1点に抑える。ここで6回からリリーフが登板。先頭に死球を与え、続く打席には適時打を打たれ、無死二三塁となる。相手打順の4番に適時二塁打を打たれ、2失点。平野は降板し北川にスイッチする。犠打、四球、右飛で二死一三塁としピンチを切り抜けたいところ、三塁手の失策により1点を追加されてしまいこの回4-0と突き放される。7回には先頭に四球を与え、降板。リリーフに佐々木がマウンドへ上がる。適時打を打たれ1点、8回にも死球、犠打、適時打で追加点を入れられるも、後続に追加点を許すことなく、9回は3人で締める。
反撃を試みる8回裏、二死から6番が適時打で出塁し、四球で二死一二塁。7回表から起用されていた大橋拓が適時二塁打を放ち、1点を返すも打線が繋がらず試合終了。最後まで粘りを見せることができず、悔しい結果に終わった。





12:00
2018/04/15

対 大東文化大学

Tweet ThisSend to Facebook | by マネージャー
試合:2018年4月15日(日)
第3週 2日目 首都大学野球春季リーグ戦熊谷運動公園野球場
 123456789R
大東大学
城西大学x

   


投手唐沢 裕貴2年西武台
 佐々木 卓也4年市立川口 
 平野 サビィ1年聖光学院 
 
真田 洸佑2年安房
小水内 浩太1年聖光学院
元西 世資也4年水戸啓明
一 柳沼 楽人1年聖光学院
野瀬 祥一郎3年東亜学園

原 光貴1年明秀学園日立
大橋 拓水4年成立学園
岡島 颯2年北照
狩野 拓人4年大宮東 
河野 聖也2年大宮東 



大東文化大との一戦。
先制したのは城西大。
先頭の
狩野が倒れるも9番河野が適時打で出塁、続く2番真田の適時二塁打で一死二三塁とチャンスを作る。3番小水内が空振り三振で場面変わらず。3番元西が打席に立ちタイムリーツーベースを放ち2点を先制する。その後、相手の暴投もあり二死三塁とすると4番柳沼のタイムリーツーベースで1点を追加。この回長打3本を放ち、3-0とする。
4回に相手投手が交代。先頭の大橋拓が死球で出塁し犠打でランナーを進めると9番河野が2打席連続の適時打を打ち1点を追加。4-0で相手を突き放す。今季2度目の登板となる唐沢は4回大東大の攻撃で先頭打者を四球で出塁させ、続くバッターに適時二塁打を打たれるも三塁でランダウンプレーとなり一死三塁。その後四球でランナーを出すも凡打でスリーアウト。相手に得点を許すことなく5回無失点で抑える。6回からは佐々木がリリーフに上がるも、連打を浴び1点を返され4-1となる。
7回からリリーフした平野は適時打を打たれるも、安定したピッチングを見せ、最終回には三者連続三振で締め、勝利を飾った。









16:07
2018/04/14

対 成城大学

Tweet ThisSend to Facebook | by マネージャー

試合:2018年4月14日(土)
第3週1日目 首都大学野球春季リーグ戦足利市営球場
 123456789R
成城大学
城西大学×

 



 投手荒川 祐貴4年黒羽 

金城 知之
3年
高知中央
 平野 サビィ1年聖光学院

佐々木 卓也4年市立川口 
 
遊二河野 聖也2年大宮東
小水内 浩太1年聖光学院
田中 健太1年藤沢翔陵
柳沼 楽人1年聖光学院

神子 賢吾2年 雪谷
野瀬 祥一郎3年東亜学園
三二三元西 世資也4年水戸商業
岡島 颯2年北照
真壁 涼1年日本航空

高野 優3年高松商業 

走中小倉 由靖1年宇都宮南 

南 壮流4年江戸川

小森 佑介1年 岡山学芸館

原 光貴1年江戸川

田中 慧樹3年相洋 



成城大との第二戦。
先制を決めたのは城西大。
3回裏、先頭の真壁が死球で出塁すると、続く9番南の左安打で無死一、二塁。しかし、二塁ランナーの真壁が飛び出しランダウンプレイとなり牽制死、その間に一塁ランナーの南は二塁へ。続く河野は凡退したが、2番小水内のタイムリーで1点を先制。その後も四球が続き、二死満塁のチャンスが訪れると、ここでバッターは5番野瀬
追加点となる適時打を打ち2点を追加。3−0となり相手との得点を突き放す。さらに、6回裏、二死二塁の場面で打席に立つのは代打高野。相手の失策を誘い1点を追加する。
城西大先発投手は二勝目を狙う荒川。初回先頭バッターに安打を許すも、捕手岡島の攻守が光り初回を無失点に抑える。続く2回からは、成城打線を寄せ付けず、6回まで連続三者凡退で抑え6回 被安打2、4奪三振、無失点と圧巻のピッチングを見せる。その後は、7回金城8回平野、9回佐々木と城西投手陣の系統で0点に抑え、試合終了。荒川を勝利投手へと導いた。







13:00
2018/04/08

対 足利大学

Tweet ThisSend to Facebook | by マネージャー
試合:2018年4月8日(日)
第2週 2日目 首都大学野球春季リーグ戦城西大学野球場
 123456789R
城西大学
足利大学3x

   


投手北川 裕登2年島田商業
 金城 知之3年高知中央 
 平野 サビィ1年聖光学院 
 
河野 聖也2年大宮東
小水内 浩太1年聖光学院
中 真田 洸佑2年安房
一 柳沼 楽人1年聖光学院
三 元西 世資也4年水戸啓明
右 原 光貴1年明秀学園日立
田中 健太1年藤沢翔陵

走指真壁 諒1年日本航空 
岡島 颯2年北照 
高野 優3年松江商業 

捕 大橋 拓水4年成立学園
二 南 壮流4年江戸川 


足利大との一戦。
4回まで両校共に無得点と、譲らぬ展開を見せる。5回表、流れを変えたのは城西大。
9番が四球で出塁すると、続く1番河野の犠打により一死二塁。2番小水内が二塁打を放ち先制する。しかし、先発投手の北川は、6回まで無失点に抑えるも、7回に2点を取られ逆転を許す。
8回から北川に代わり登板し左腕金城が三者凡退で抑える。9回表7番田中健が死球で出塁、8番に代わり代打高野が2ランを放ち逆転に成功する。9回裏、先頭バッターに三塁打を打たれた金城が降板。
変わって平野が登板したが逆転3ランを打たれサヨナラ。
今シーズン初の黒星となった。







16:00
2018/04/07

対 獨協大学

Tweet ThisSend to Facebook | by マネージャー
試合:2018年4月7日(土)
第2週 1日目 首都大学野球春季リーグ戦城西大学野球場
 123456789R
城西大学
獨協大学

   


投手唐沢 祐貴2年西武台
 佐々木 卓也4年 市立川口 
 金城 知之3年高知中央 
 
河野 聖也2年大宮東
小水内 浩太1年聖光学院
中 真田 洸佑2年安房
一 柳沼 楽人1年聖光学院
三 元西 世資也4年水戸啓明
冨塚 樹也4年東海大菅生

打指福澤 匡晃4年世田谷学園
原 光貴1年明秀学園日立
岡島 颯2年北照 
二 南 壮流4年江戸川 


獨協大との一戦
初回、1番河野(2年・大宮東)の二塁打で出塁すると、後続の犠打によりランナーを進め3番真田のタイムリーで先制。3回には連続安打で2点を追加した。さらに5回、一死一.二塁のチャンスで4番柳沼3ランを放ち6-0まで突き放す。城西大学の守備、先発投手は唐沢唐沢は、要所を締めるピッチングで獨協打線に決定打を許さず、テンポよく試合を進めていった。
しかし、7回表2失点を許し、佐々木にスイッチするも適時打を打たれ2回で降板。9回途中から登板した左腕金城四球でランナーを出し、一死満塁とチャンスを作られるものの、粘り強いピッチングで後続を断ち、城西大は6-2で勝利。







15:30
2018/04/03

対 成城大学

Tweet ThisSend to Facebook | by マネージャー
試合:2018年4月3日(火)
第1週 2日目 首都大学野球春季リーグサーティーフォー相模原球場
 123456789R
成城大学
城西大学x

   


投手荒川 祐貴4年黒羽
 北川 裕登2年島田商業 
 平野 サビィ1年聖光学院 
 
真田 洸佑2年安房
南 壮流4年江戸川
三一元西 世資也4年水戸啓明
一 柳沼 楽人1年聖光学院

真壁 涼1年日本航空 

小森  佑介1年岡山学芸館 
冨塚 樹也4年東海大菅生

打指堤 俊輔1年日本文理 

打指野瀬 祥一郎3年東亜学園 
小水内 浩太1年聖光学院

打左福澤 匡晃4年世田谷学園 
原 光貴1年明秀学園日立

打右神子 堅吾2年雪谷 
岡島 颯2年北照 
河野 聖也2年大宮東 


春季リーグ戦初戦は、成城大。
先発の荒川は初回で連打されるも、要所を抑え5回無失点。その間の攻撃では、2回に7番が敵失で出塁し、続く8番の岡島が適時打を打ち先制。3回には4番柳沼の犠飛で1点、4回に7番神子が死球で出塁、河野真田が長打を放ち2点を追加、4-0とする。6回荒川に代わり、ピッチャー北川
適時打を打たれるも、併殺。2回を6人で締め、ピッチャー平野に代わる。
1年生右腕の平野は公式戦初登板。安定したピッチングを見せ、最後は三振で終了。初戦を快勝で収め、幸先がいいスタートが切れた。









12:30
PAGE TOP